KinKi沼からこんにちは

KinKi Kidsとか日ごろ思ったことについての独り言。

絵と自分の容姿

輪郭はめんどくさくて書かなかったけれども。本当そうか?輪郭って書くのめんどくさいよね。髪型も。私は絵を書くとしたら適当って決めてるから。それにしても、似てない気がする•••。それにしても、もう少しうまく書きたい。とはいっても、絵を書くのは3年ぶり。久しぶだなぁ、って感じになった。いつもは棒人間。

てか、口が気持ち悪い。いつもは、こんなふうにせず。ただの丸だけど。仇になった。化け物みたいw
目はいいけど、口が(ㅇㅁㅇ)!!!!!!!
f:id:huwahuwashippo:20180621143223j:plain

だいたい私はよく棒人間を書くんだけど。私はぼうにんげんってことなのか•••??!!!
棒人間まではいかなくていいけど。細くなりたい

岡本くんHey! Say! JUMP辞めるみたいだね

うーん。ジャニーズ帝国が精巧によく作られた砂の城のように見える。そんで、雨が降ってきてボロボロに崩れていくのね。本物のお城だと今までは思ってたんだけどなぁ。もし、今回岡本くんが辞める理由が、不祥事でした!なんていうのが出てきたは。私は絶対ににジャニーズに対して砂の城認定の判を押すよ。
ジャニーさんも寿命わずかでしょうし。ジャニーズは崩壊していくように見えるし。終焉が近い気がする。だから、ジャニーズの後ろ盾がなければ芸能界で活躍出来そうもない人が辞めることは賢い選択だと思う。もしくは、なんとかジャニーズなくしても生き残れるような人間になるか。
それにしても、ジャニーズはアイドルとしては高齢化している。年齢が高ければ高いほど、芸能界以外の選択肢を取るのも大変だ。しかも、ジャニーズだって終焉が近い。だから、ジャニーズの後ろ盾がなくても活躍出来る人は残れるように。ジャニーズがなくてはどうにもならない人は潔く首にできるような対策をとるべき。それで、もし誰かしらがグループから脱退してしまい。非常に人数が少なくなったら、別の人数の少なくなってしまったグループとででま組み直すだとか。生田くんみたいにソロで活躍するだとか。そんなふうにしたらどうかね。

岡本くんってアイドルとしては目立たない人だよね。申し訳ないけれども。でも、高学歴だし。英語だって喋れるんだよね。もし、彼もジャニーズの終焉を見据えて。僕には他に輝ける場所があるのではないか?なんて考えたら流石だなぁって感じ。ジャニーズを手放して芸能界で1人生き残ろうとしたらすごくかっこいい話だよね英語を話せることで、ドキュメンタリーやドラマや映画でも幅広く活躍出来るだろうし。あとは海外で俳優として活躍したいとかね。アイドルとしてではなく実力派の俳優とかになりたいとかっていう考え方ならかっこいいよね。

死んでもいい

ああっなんか私今死んでも構わないわ。今寝ながらモー娘のアルバム聴いてるけど。大きい瞳だとか。しょうがない夢追い人とか。なんちゃって恋愛とか。もう死んでもいい。幸せ•••

光一くんならこう言うかなと想像する。

母親がこの前パンを作ってたんだけど。パン作りには成形の工程があるんだけどね。そのときいくつかパンを作ってるんだけど。全てのパンの重さが同じじゃないといけないのね。それがあんまうまく行かないみたいで。まな板の上で丸くした生のパンの上にちっちゃくパンが積み重なってて。私はきっと光一くんならば「おっぱいや!」って言うんだろうなとふっと笑っちゃった。39のくせに言うことが小学生だよね。しかも、普通ならばおじさんがそんなこと言ったらただの変態だけど。光一くんが言うとさ可愛いんだわ。おっぱいや!なんて言う時は剛くんと一緒のときだから。そんなイメージ。剛くんと一緒にいる時は、本来の神経質な性格はどこへやら。ふわふわとした感じになっちゃって。天然さんな面が強くてね。まあ、剛くんに対してだけだけど。他の人にはそんな顔なかなか見せないよ。剛くん以外ならば、心許した人だけ。長瀬くんとか。
光一くんが言うと、ほかのおじさんが言ったらセクハラで気持ち悪いような言葉でも無垢な感じになっちゃう。それが愛しい•••大好き•••。あのね、光一くんはSのように見えてMなんです。剛くんの手のひらの上に転がされてる感があるように見えることがあるの。そんな剛くんを見ると「恐ろしい子!」って思うwとはいっても、ゲストと剛くんが仲良くしている時のあの刺さるような視線になる光一くんを見ても背筋がブルブルってなるけど。逆に光一くんがゲストとわざと仲良くしているところを剛くんに見せつけて。その時の剛くんの視線も怖いって思っちゃう。2人とも、相思相愛すぎw
はぁー雑誌読みたい。テレビ見たい•••。

そーいや。39か。この前友達と39のアルバムについて話してたんだけど。あれは、10周年のものだけど。39歳の時に出しても良かったかもねとか話してて。たしかになぁって思った。2人が39だから出しました!っていう風にCMで言ってたら。結構インパクトあったよなぁ。

光一くんのソロ、剛くんのソロ。

光一くんのソロと剛くんのソロどっちが好きかって話なんだけど。
アルバムは、光一くんの方が好き。特に彼が作る楽曲。彼以外の作った楽曲は最初の方はヘビロテするんだけど。ダンスナンバーぞろいということもあり(そうじゃない曲もあるけど。)、飽きる。派手なサウンドが多くて。ごめんなさい。なんていうか、ライブの場合ではあるけれども光一くんは音楽を聴くのは八分目にしとけと言うけれども私は十二分目くらいまで食べちゃう。まあ、12分目まで聴くのはCDでの音楽のことなんだけど。同じようなもんだと思う。その結果、もう食べられないってなる。だから、私は八分目にしとけという気持ちが良くわかる。けど、光一くんの作る曲は不思議と飽きない。spiralとか聞くと。聴けるけど、もういいかなってなるけども。spiralは彼の作った曲がないからね。でも、fameは好き。あとnight wanderer。あとGravityのa silent night。、bluff××。でも、どのアルバムも1曲目が一番好き。1曲目は飽きてるのない。彼の曲の場合。んで、彼が作った曲が豊富にあるBPMとかmirrorとかは未だに大好き。ぶっちゃけ、No moreも彼が作ってないけど好き。きっと今も変わらないだろうなぁ。ただしSHOCKのアルバムだけは彼が作る曲も作ってない曲も全部大好き。SHOCKのアルバムだけは、別格。KinKiよりもつよソロよりもSHOCKのアルバムが好きかもしれない。
でも、曲だとかKinKiアルバムの39を見る度に私は光一くんと気が合うなぁって思う。

剛くんのアルバムも良曲揃いなんだけどねぇ。NHKのドキュメンタリー番組を見ている気持ちになったりする。technologiaとかは特に。まあ、NHKのドキュメンタリーを見ているような感覚にならない曲も多いけど。
あとROSSOとか。TUとENDLICHERIとか244とかあんまり眠くなんないけど。それ以外にもむしろどの曲も好きだけど。ゆったりしている曲は眠くなっちゃう。シャーマンニッポン時代とかね。眠くならないやつもあるけど。たとえばGingerとかでは眠くなんない。あのPVを思い出す。
なんだろう、剛くんの曲ってかなり独特だよね。そのため、なかなか毎度の事ながら取っ付き難い。とは言っても聞けばスルメソングになるんだけどね。でも、これどーやって聞いていこうって毎回なる。KinKiアルバムでのソロ曲とかはそんなふうには思わないけどね。さまざまな愛とか。ORANGEとか。KinKi色に染まった剛くんの曲。だから、独特さもあんまりなく。でも、ソロは独特さ全開だよね。だって、ある曲はシャーマンニッポンを連呼して。またある時はラカチノトヒを連呼して。でも、ラカチノトヒは結構名曲だよね。ある日はTuを連呼して。tu funkとか私カラオケの時に笑っちゃって歌えなくなるもん。まあ、彼の個性はそれだけじゃなく全体だけどね。メロディも言葉の使い方も、もはや彼自身が個性の塊。あと、そういえば剛くんは怖い。けど、その怖さがいい。ただ、怖いだなんて言ったら他のファンの方に怒られそう(ごめんなさい)

ライブについては剛くんの方が好き。とはいっても、KinKiライブでのソロコーナーしか体感したことないけど。でも、剛くんはお客さんを巻き込んでのライブだからね。ステージとかは当然あるけれども。でも、ステージなんかないみたいな感じになるのが剛くんのライブの魅力だと私は思っている。だから、いつか剛くんのライブに行ってみたいなと思う。しかも、歌声だって実際に聞いてみたほうが圧倒されるんだよ。胸に沁みるというか。人の歌声がこんなに沁みるなんてことはなかなかないと思うし、実際CDだけ聞いてもわかんないよ。
DVDからは、その魅力が味わえないんだよなぁ。ソロライブのDVD持ってたりするけど。かわいいなぁ、セクシーだなぁ、かっこいいなあ。いい曲だなぁで終わっちゃう。剛くんのライブは実際に行ってこその価値があるんだと思う。でも、行ったことのあるライブについてはその時のことを思い出してひと味もふた味もほかのDVDとは違うふうになる。

光一くんのソロコンは、これもKinKiのソロステージでしか体感したことないんだけど。完成されたものを見ている感じ。なんていうか、素晴らしく良くできた、そして色っぽい芸術作品を見ているような。たしかにDVDと生は違うけれども。DVDでも、その完成系は堪能出来る。実際行ってなくても、生で見た時と同じように楽しむことが出来る。やっぱ、ステージで完結しているんだよね。ステージの中でファンタジーを描くっていうか。
私的には舞台の方が中毒性あるかなぁ。結局は舞台で輝いている光一くんの方がいい。1年に2桁劇場に通っても、DVDを毎日のように見ていても。CDを延々と聴いていても。私はSHOCKが好き。あれこそ、生とDVDは全く違う。座席ごとに楽しみだってあるしね。

つまり、光一くんはSHOCK!剛くんはライブ!KinKiもライブ&MC!!!

亡くなった子供たち

3人もの命を奪ったらしい。しかも、その中にはまだ小学生が。可哀想に。だって、地震なんかに命を奪われるんだよ?プールの塀の下敷きになって。もうちょっとどうにかなんなかったものなのかなとか思う。9歳なんてしかも人生始まったばっかで。人生の楽しみなんてまだ少ししか経験してなくて。学問や知りたいことだって沢山あっただろうし。将来の夢だってあったかもしれないのに。子供が亡くなるニュースを聞くとそんなことを思う。しかも、親ってさ子供を人生の支えとして生きるらしいね。子供がいるから、人生の辛いことだって乗り越えられるらしいよ。親御さんもかわいい時期の子供を失ってこれから先の人生なんのために生きればいいのだろうとただただ悲惨な思いになってるだろうな。

可哀想といえば、親が子供を殺す事件。育児ノイローゼだとか虐待だとか。子供をなんだと思ってるんだって話。ただね、育児ノイローゼについては周りに相談ができる人がいなかったのかなとは思う。旦那さんとか。奥さんばかり抱えることないのになって思う。祖父母は?とか。友達は?とか。たしかにそれぞれの人生があるから。あんまりに時間を割くのは難しいかもしれないけれども。話を聞くくらいならできるはず。メールも電話もあるんだから。虐待については、なんのために子供が生まれてきたんだと思う。たしかに男の人にとっては女や子供は好き勝手していいという存在だとどうしても思いがちなのは仕方ない。そういうふうに心理学的になってるんだ。失恋ソングとかで、彼女が別れた。でも、僕は失いたくないと思ってるー。って。それは、支配力があまりに強すぎるから。そして、母親は子供に対して支配力が強い。男女ともに自分のモノと思ってんだよ。だから、父母ともに子供を好き勝手していいと思ってんの。だから、それが悪いふうに作用して虐待するの。そんなふうに思うんだけども許せない!!子供が欲しくてもなかなか出来ない心優しい夫婦だっているんだから。そういう人達の元だけに産まれればいいのに。こういう話を聞くと神も仏もいるとは思えない。もしいたら「あの夫婦の元に産まれたい!」って言っても。それじゃあ、人生を潰すことになるからやめた方がいいね。って止めるはずだよ。

昔からの夢を叶えてたんだね。

そういえば、KinKiの2人ってさ10代の頃の希望を叶えているよね。「Get to the KinKi」っていうファースト写真集がだいぶ昔に発売されたんだけど。自分のしたいことについて「自分で撮った写真をまとめた写真集や詩集を作りたい」この頃からもう創造性の豊かさを感じる。今は音楽を作ってる。そして、もちろんその作業の中に詩を作るっていう工程もあるわけで。夢叶ってるなぁと思ったし。しかも、あのころも同じようにお母さんやお姉ちゃん想いだし。こういうね、大切なところはぶれないんだなぁ。

しかも、光一くんのSHOCKに関してだってさ昔からミュージカル舞台をやりたい!って言ってたわけで。それが今まで同じ舞台をやり続けて。ナイツテイルもミュージカルなんだよ?しかも、また同じ写真集についての話だけど。お金がたまってもこの仕事はやり続ける。死ぬまでずっとやりつづける。みたいなことを言ってたけど。たしかに今お金持ちだもんね。本人がお金だけはたくさん持ってるからと言うほどの金持ち。しかも、普通働きたくないよね。なのに、芸能界で現役で残り続けているということはその雑誌でも言ってた通り自分の本当にしたいことなんでしょうね。あんなハードな舞台、やりたいという気持ちが大きくなきゃ続けられるはずがない。しかも、彼は怪我をしたり病気したりということで休んだことないんだよ。足を怪我した時には全力を出し切れなかったということで泣いたんだよ。彼もぶれないよね。

2人とも、昔から自分の言葉で答えていたんだよね。しかも、有言実行しちゃうんだよ。ただただ凄すぎるよね。