KinKi沼からこんにちは

KinKi Kidsとか日ごろ思ったことについての独り言。

セブンイレブンでのビール計画、失敗か?

セブンイレブンでビールサーバーでビールを入れることが出来る!っていうサービスが導入されたらしい。けれど、SNSでの反響があまりに大きすぎて失敗したらしい。まあ、セブン愛の私にとってはガッツポーズって感じなんだけども。

きっとね、セブンのビールサービスについての思惑はこんな感じなんだと思う。
まず、注目やもっと売上を伸ばすために新しいサービスをやってみようと考えた。確かに、キリマンジャロのコーヒーを売り出したけれども。でもそれよりも、もっと画期的なサービスを導入したかった!
そして、思いついたのは「ビール」!!確かにコンビニはローソンやファミマみたいにカフェのように様々な種類の飲み物を提供している。けれども、ビールを売っているところはないぞ!と。話題になるぞって思ったと思うのよ。

そして、セブンはコーヒーしか今まで飲み物を提供していなかったけれども。そのコーヒーも豆に結構こだわってる。ビールについてもこだわろうと思った。だから、一番搾りだとかのビールを提供しようと思ったのね。で、値段も100円。けれど、居酒屋だとか缶ビールよりも量は少ない。だけど、この量少ないってのもある意味結構ポイント。ビールってのは中毒性がある。だから、美味しくてけど量少ないビールを飲んだら安いしもう1杯だけ飲みたいなって思うはず。そして、売上も出せる。
だけど、私は思う。このような考え方はデメリットもある。こんなふうにしてたら、酔っぱらいのたむろができるよ。 コンビニではおつまみが沢山売られてるし。きっと、このままもしビールサービスを続けてたら今よりももっとおつまみは豊富になるだろう。だから、おつまみは買える、ビールも沢山飲みたい。以上の点から買ったその場でビールやおつまみを食べたり飲んだりする人が多く出ることになるだろう。そしたら、悪酔いするような客の面倒を店員が見なきゃいけなくなるかもしれない。そしたら、コンビニの仕事もしなきゃ行けない店員はもっと大忙しになるはず。 しかも、酔っぱらいがたむろするから普通のお客さんは寄り付かなくなる。私もその1人。

だから、むしろ失敗してよかった。確かに話題になるだろうという考えは的中したけれども。あまりに話題になりすぎたwどうか、このまま没案になりますように!!